そういわずに熊本の居酒屋に一緒に行ってみたら?

安倍首相。

ダボス会議の演説で、「靖国神社には、第1次世界大戦や第2次世界大戦で亡くなった人たちのほかに、革命で亡くなった人たちの魂も祭られている。私が参拝したのは彼らを供養するためであり、当然のことだと考えている。いかなる国家の指導者においてもこれは同じはず」と話して、「私は中国人や韓国人の感情を傷つけるつもりはない。われわれは誠意と尊重をもって対話をしていきたい」と語っています。

日本人としては、当たり前のことを言ったまでのように思うのですが、どうやら、敵対視しかできない近隣諸国には、それが理解できないようです。
中国の王外相は、「中国には“過ちは隠そうとすればするほどに目立つ”という言葉がある。安倍氏の弁解は、彼が人類の良知と世界の公理に背いた歴史認識を依然持ち合わせていることを物語っている。安倍氏が他国の反対を押し切り、靖国を参拝した目的ははっきりしている。自国の侵略の歴史を改ざんしたいと考えているのだ。安倍氏の考えは、良知を持ち合わせ、正義を支持する人たちが受け入れることのできないものだ。歴史に逆行する行為に対し、団結して阻止するよう中国は国際社会に呼びかける」と述べたそうです。

あーあ。って感じです。日本人の感覚って、美しすぎて中国人には理解できないの?哀れだよねぇ。

まぁ、熊本の居酒屋ででも、美味しい料理をたべながら話ができればわかってもらえると思うんですがね。